×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

先輩がフィアンセ!?

 とりあえずメインを避け、もっとも優しげなヒロイン:瞳(のBAD?)をクリア。全体的に安っぽくオススメしづらいですが、個人的には楽しめてます。

メーカー

対応OS

修正ファイル

発売日

プレイ日

プレイ時間

やってみて度

ハートブリング

win98〜XP

-

2005年3月

2005年3月

初回5〜6時間

B

 

シナリオ

・序盤はメインの先輩とギクシャクの同棲生活。素直になれない系で悪くはないが、イマイチ感情移入できない。主人公エロガキだし。
 ・中盤からは、他の3ヒロインをまじえた主人公争奪戦。ヒロインが魅力的なため、つい顔がにやける。
 ・終盤は個別ルートへ。瞳ルートはドロドロの三角関係とか修羅場とかはないが、背徳感はそれなりにあり、結構いい。
 ・脇役のアホな先輩(男)がいいアクセントになっている。序盤で消える母親もまあまあ。
 ・Hはメインの優乃はたくさんだがアッサリ。瞳は4回。私は使えた。

CG

・イベントCGは少な目で、ボディバランスの危険なエロCGも多いが、特にアップのCGは表情が良い。
 ・立ち絵は高値安定。が、いい加減ツッコむのも疲れたが、表情とセリフがあってないことが多すぎる。

音楽/ボイス

・曲数は11曲と少ないが、質は悪くない。
 ・ボーカル曲はオープニング・エンディング共通の1曲のみ。エンディングは別の曲にしてほしかった。
 ・ボイスは主人公以外フルボイス。かなり鉄板で、キャラの魅力を引き出している。キャスティングも含めてお見事。

システム

・前作杜氏の郷と同様のシステム。
 ・大きな不満は無いが、センスのかけらもないアイコンはやめて、文字を含んだわかりやすいデザインにしてくれ。

実はハーレムゲーかつ浮気ゲー

同ブランドの処女作、杜氏の郷では見事に裏切られましたが、独特のCGに惹かれてつい購入。ハッキリ言って絵買いで、シナリオは並レベルならいいやぐらいに思っていましたが、意外にイイ感じです。

序盤の優乃との同棲生活は、彼女の言動が理解しがたくイマイチ。同棲することには非常に積極的でかいがいしく世話する一方、Hはかたくなに拒絶するという乙女心が理解できません。主人公もそんな彼女の目の前で突然パンツを下ろす変態。下ろした瞬間はプレイやめようかと思いました。
 面白くなってくるのは中盤以降、他のヒロインが絡んできてからです。どのキャラも頭のネジが数本飛んでいるかのようなクセ者ばかりですが、妙に魅力的で、かつ全員が主人公に好意を持ち激しい争奪戦を展開。比較的まとも(っぽい)シナリオで、ここまで露骨なハーレム状態というのも珍しいんじゃないでしょうか。ついつい頬が緩みます。で、終盤は優乃という許嫁がありながらの浮気ゲーに。キツい修羅場などは避けたアッサリ風味ですが、背徳感はそれなりにあり、Hも燃えます。優乃に対しほとんど罪悪感をもたない主人公は実在すればかなりの鬼畜野郎ですが、まあ、エロゲですからね。

立ち絵やBGMが足りず、そもそもメインの優乃の設定に無理があるとか主人公はエロガキの上に二股上等だとか、ちょっと人には勧めにくいのですが、私的には中盤以降のハーレム&浮気展開がツボにはまりました(私がお馬鹿なハーレム系のゲームをほとんどやったことがない、というのも効いてると思います)。もともとの狙いのCGも概ね良し。私同様体験版でヒロインを気に入れば、結構いけるのではと思います。

ところでこのブランドは、前作杜氏の郷と本作を見る限り、低コストでそこそこのものを出し続ける方針のようです。作品の質が安定するのは結構なことですが、現状のクオリティでは他社の良作と呼ばれる作品と比較して安っぽく、万人に勧めがたいのも事実。せめて立ち絵の増量とシナリオの丁寧さアップ、もしくは単純に定価を1,000〜2,000円ぐらい安くしてくれればいいんですけどね。

感想のTopページに戻る