×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

杜氏の郷

 とりあえずツンデレっぽいお嬢様:早苗をクリア。厳しいですね。新ブランドの1作目としてはこんなもんかもしれませんけど。

メーカー

対応OS

修正ファイル

発売日

プレイ日

プレイ時間

やってみて度

ハートブリング

win98〜XP

あり

2004年11月

2004年11月

初回5〜6時間

B

 

シナリオ

・構成や雰囲気は海道に似る。女4+男3の仲良しグループでワイワイガヤガヤ&酒作りを通した主人公の成長?もの。
 ・そんなんでいいの?という展開連発の安易なストーリー。
 ・ヒロインはみな私好みだが、仲良しグループがあんまり仲良しに見えない。
 ・脇役の存在感が希薄。特に母親と義父があれでは物語に厚みがでない。
 ・Hは早苗で4回。純愛系の割には力が入っており、キャラに萌えられれば十分いける。

CG

・イベントCGは少ないがエロシーンのクオリティが高く、通常イベントもデフォルメCGで補っている。
 ・塗りは良いし、背景も悪くない。全体的に質は安定している。
 ・ただし、立ち絵が明らかに足りてない。表情とセリフが合ってないことが多く、シナリオ重視でこれはキツイ。

音楽/ボイス

・BGMの質は悪くないが、いつも同じ曲がかかってるイメージ。ボーカル無しの11曲。
 ・ボイスは主人公以外フルボイス。脇役に難があるが、普通に聴ける。

システム

・最近のD.O.と同様のシステム。大きな不満は無いが、CGが640×480なのは残念。
 ・アクチベート版(Play-Gate版)では、CDのプレスミスでインストール不可という痛恨のミス。私は事前に噂を聞いて通常版に。

D.O.のノスタルジックシリーズの低コスト版?

海道とか夏のひとしずくが大好きな私は、同じような雰囲気の本作に並々ならぬ期待を抱いていたのですが、早苗シナリオでは見事に玉砕しました。CGはVGAで立ち絵が圧倒的に少なく、BGMは11曲で、ストーリーも学生が考えたかのような安易さ。登場人物の言動が突飛すぎて、物語に落ち着きがありません。さらに痛恨なのが、仲良しグループが妙にうそ臭いこと。ヒロイン一人一人は魅力的なんですが、脇の男友達も含めてお前らホントにグループ作ってて楽しいのかと。そのため終盤の友情賛歌のシーンもシラけます。友情物語にこだわる私にはキツすぎました。

残りの3ヒロインも攻略しようとは思いますが、期待はすっかり失せました。別ブランドなのでどうでもいいといえばいいですが、D.O.ブランドで今後もこのシリーズを出すつもりなら、せめて前作並みのクオリティは維持してもらいたいですね。

感想のTopページに戻る