×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紅蓮に染まる銀のロザリオ(暫定版)

とりあえず、エピローグまで1回クリア。体験版なしで勝負をかけてみましたが、結果的には引き分けというところ。意外に笑えたのが収穫でした。

メーカー

修正ファイル

発売日

プレイ時間

やってみて度

F&C
-
2006年4月28日
1回目約10時間
B

シナリオ

  • 1回10時間と長いが、恐らく一本道なので、全体としては短めか。
  • 過半を占めるのはミステリ風味の学園ラブコメ。主要キャラいずれもがボケられるしツッコミも的確なため、結構笑える。
  • セリフ以外の文章は、中学生、とはいわんが夢見がちな高校生レベル。ビジュアルノベル型のADVに耐えられるデキではない。
  • 序盤からエロが頻繁に入る。1つ1つの内容は薄いし展開もバカげているが、良いアクセントになっている。半分はレズだが。
  • メインのメアリーはツンデレ。主人公もツンデレ。お互いに軽く嫉妬し合ったりと非常に私好みの関係だが、最終的には思いっきり消化不良。
  • 終盤のシリアス展開はイマサン。設定自体は面白そうではあるのだが、展開が稚拙で燃えも感動も微少。残念。

CG

  • イベントCGは差分を除き80枚弱。不安定で丁寧さに欠けるなど、業界最高峰のF&Cとしては最低レベル。しかし可愛いから許せる。
  • 直前にまいんど☆ぱぺっとをやってたせいか、CGにあまりエロさを感じない。

音楽/ボイス

  • BGMはそこそこ。ハードボイルドっぽい曲が良い。OP曲も素晴らしい。
  • フルボイス。主人公とメアリーのみ、自分視点のシーンで無声になるのは面白い。サブはともかくメイン級のボイスは問題なし。メアリーが特にいい。

システム

  • ザッピングシステムと称して、メアリーと主人公の視点を切り替えられる。が、結局は全て読むことになるため、あまり意味が無い。
  • 画面をクリックしてのモノ探しやシューティングはショボイが、ADVの息抜きとして悪くない。もう少し難易度が低くても良かったが。
  • Hシーン鑑賞機能が無いとかありえない。

ハードボイルドだと思ったら学園ラブコメだった。何を言ってるかわからねーと(以下略

惜しいゲームです。素晴らしくカッコイイOPデモとは裏腹に、フタを開けてみれば前半は明らかに学園ラブコメ。「こうなったら私の房中術を駆使して‥」とかのたまうメイド部部長などは、どう見てもエロギャグ要員です。オタネタに頼らないボケとツッコミの連発は、吉本のドタバタ喜劇を見ているようで、個人的には非常に楽しめました。メインヒロインも勝気な素直になれない系で(「ほざけっ!」とか叫びながらマシンガンを乱射するヒロインは貴重)、主人公との痴話喧嘩はなかなかに萌える。そんな中でも黒幕っぽい留学生がいい雰囲気を出しており、徐々にシリアスになっていくストーリーに、後半への期待も盛り上がるというものです。

しかし、肝心の終盤の展開がダメ。前半と比べてそもそもボリュームが少ないし、死んでいくキャラの立て方が足りずイマイチ感動できない。加えてメアリーと主人公の恋愛も、エピローグでちょろっと語られるだけで消化不良。途中で製作時間尽きちゃいました?っというシナリオでした。う〜ん、もったいない。

私は学園ラブコメがツボったので買って損したなんてことは無かったですが、あのOPデモから多くの人が期待するであろうシリアス部がアレなので、オススメはしづらいゲームです。数は十分のエロの質がもう少し高ければ、また違ったんですけどね。これも個人的にはメアリーが可愛いらし過ぎて、レズシーンで抜けたのでOKだったんですけど。何か複雑です。

 

感想のTopページに戻る