×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

まいんど☆ぱぺっと(暫定版)

とりあえず、エロシーンを全体の2/3ほど回収。このメーカーは「空気の読める」メーカーですね。ちょっと感動しました。

メーカー

修正ファイル

発売日

プレイ時間

やってみて度

TOP
あり
2006年4月21日
5時間で約2/3
A

シナリオ

  • エロメイン。7割がエロといっても過言ではない。回想枠は幼馴染13、人妻12、メガネ12、金髪ツインテ10、その他4の計40超。
  • バリエーションはそこそこ豊富。ノートでの操作は肉体改造も含むため、母乳噴出はもちろんフタナリ化もあり。○○膜再生とか感動した。
  • ただし、女の子は媚薬を飲まされたように淫乱になってしまう場合がほとんど、という意味ではワンパターン。調教っぽいエロさもあるが、墜ちるのが早いのが残念。
  • エロテキストは体験版と同様、エロメインにしては若干短めでネチっこさが足りないものが多いが、数でカバー。長いのもあり。CGの良さもあり私には十分実用的。
  • ストーリーはあってなきがごとしのヒロインが多そう(一部例外あり)。ただテキストが手堅く、調子の良すぎるエロ展開も意外に読める。

CG

  • イベントCGは差分を除き80枚超で、ほとんどがエロCG。立ち絵ともども安定して高レベル(ちょっと別人っぽいものもあるが)。
  • 可愛い上にエロい。私は絵買い。
  • フェイスウィンドウの表情がセリフとあってないことが多い(主にエロシーン)。

音楽/ボイス

  • BGMは可もなく不可もなく。OPのボーカル曲は楽しいので一度聴いてみるのがオススメ。他では「純愛の交わり」とかが好み。
  • ボイスはヒロイン&林さん&隼人君フルボイス。みなさん問題なし。縁の中の人のエロシーンでの頑張りが目立つ。

システム

  • システムは安定しており悪くはないが、いまどき読み返しでボイス再生不可なのは、ヌキゲとしてはあまりに痛い。
  • 最近は勘違いしてる作り手が多くて困るが、コンフィグ画面でどちらを選択してるか迷うような表示はやめろ。
  • 体験版で謎仕様だった音量調節は、普通にできるようになっている。

無いだろうな、とあきらめていたものがあったときの嬉しさ

今回シナリオについては要領を得ない感想になってると思いますが(「いつもそうじゃん」ですって? HAHAHAHA!)、事前の情報が無い方が楽しめる場合もある、ということをこのゲームで再認識したので、こんな感じにしてみました。私はこのゲームに、とある「よくある展開」を期待して購入したのですが、先に攻略したヒロインにはその気配もなし。まあエロいゲームだったからよしとするか、と半ば諦めたところに、私の妄想を正にトレースしたかのようなストーリーが出現。思わずガッツポーズしました。たぶん、一番初めにこのヒロインを攻略してたら、ここまで楽しめなかったと思います。先に落とされた方が持ち上げられたときの喜びが大きい、という真理を久しぶりに実感しました。

結局何がいいたいんだ、というツッコミは置いておくとして、とりあえず体験版をプレイしてエロ目的で買う人は、購入で問題ないと思います。それ以外のプラスアルファに期待してる人には微妙ですが、この感想この感想を読んでみて、私とキャラの好みがカブる人は、より楽しめる可能性あり。DEATH NOTEを読んだ人が一度は夢想する、しかしもはやかなうことは無いと思われる「改心する夜神ライト」が見られるのは、このゲームだけです。

 

紅蓮に染まる銀のロザリオが体験版を出してくれそうもなく、このままじゃ5月末まで2ヶ月エロゲ日照りになっちゃうなと、エロ目的で購入してみましたが、思わぬ当たりでした。このブランドの前作は評判がメタメタだった記憶がありますが、こういったギャンブル性の高さも、エロゲ購入の一つの醍醐味かも知れませんね。

 

感想のTopページに戻る