×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

抜け忍 (暫定版)

とりあえず、次女の楓と伽流羅、ハーレムENDらしきものをクリア。調教SLGなこともあり、楓と伽流羅はエロ可愛すぎ。休日の真っ昼間からそんなに何発も抜けるわけないだろうっ!!(←馬鹿)

メーカー

修正ファイル

発売日

プレイ時間

やってみて度

Waffle
あり
2006年3月10日
初回約8時間
A

シナリオ

  • 長めだが、7割は調教シーン。調教の合間にちょこちょことストーリーが進む感じ。
  • エロい。キャラに萌えた状態での調教SLGというのは、果てしなくエロい。
  • 楓の調教エロは、通常挿入・道具・フェラ・媚薬・妖怪・衆人環視の6種類各2〜3段階。個別ENDで和姦1。姉妹同時調教もあり。
  • 楓の場合、始めは嫌がるが徐々に快楽に負けてよがり狂うパターン。段階が進むにつれてより早く、激しくよがる。たぶん3姉妹ともこんな感じのソフト陵辱。
  • 楓は表面上ツンツンしてるが主人公を憎からず思っているのがミエミエで、陵辱なのか和姦なのかよくわからんがしかしエロ調教は進んでいくというあたりが、どうしようもなくエロい。
  • 側近の伽流羅は調教は無しで、和姦が4。部下という立場上秘していた恋心を打ち明けてからの和姦は、これまた燃える。
  • 恋愛もなかなか。SLGの合間の会話で徐々に親密になり、1回きりだがデートイベントも萌える。ただし最後がなあ。
  • ストーリーは主人公がまともなこともあり、終盤を迎えるまでは普通に読める。が、色んな伏線投げっぱなしの個別エンドは私にいわせりゃBADEND。ハーレムルートはそれなりに燃えるが、最後が釈然としない。もったいなさすぎ。

CG

  • イベントCGは質・量ともに高い。ただ、凝り過ぎて何が描いてあるのかわからないのもあるし、調教エロの各場面でCGが1枚ずつなのは少し物足りない。
  • Fate並とはいわんが、戦闘シーンでよく動く。
  • 巨大仏像をさりげなく配する背景センスは素晴らしい。当初ギャグかと思ったが、独特な雰囲気が出る。

音楽/ボイス

  • BGMはそれなり。丁寧につくられている。
  • ボイスは主人公以外フルボイス。ヒロインsは皆いい感じ。下忍の下っ端ぶりもよい。
  • 戦闘シーンの効果音がリアル。ドスッと当たったときの音はほんとに痛そう。
  • エンディング曲が短時間で打ち切られるのは、猛烈に安っぽく感じるのでやめてくれ。

システム

  • 操作性に大きな問題は無いが、動作が重め。Pen4の2.8GHz、メモリ1Gでもコンフィグ画面はモッサリ。
  • 攻略難易度はハッキリと高い。2回BADの後、途中からやり直してようやく楓ENDへ。調教パラメータの数値で分岐するし、ADVパートの2択も数がある上にわかり辛い。
  • ? 何だこの意味のない選択肢は。こんなの「楓をかばう」に決まってんじゃンHAHAHA!ポチッ、ドーン!! なブービートラップ的BAD直行選択肢も多いので注意。
  • ゲームの中身には関係ないが、パッケージが恐ろしく軽い。パケ見て衝動買いする時、内容スカスカのゲームと思われかねないので再考を。

個別純愛ENDが充実してれば最高だった

いや、油断してました。体験版をプレイしてストーリーの方に期待してた私は、調教SLG部のあまりのエロさに吹っ飛ばされました。もともと「正義のヒロインが敵に犯られてよがり狂う」というシチュはツボなのですが、加えて楓は素直になれない系のツンデレ。普通の純愛ADVの場合、素直になれない状態でのエロというのは(当たり前ですが)無いわけで、調教という設定上それが可能で、かつ徐々に淫乱になっていく楓はもうヤバすぎ。私は普段フェラではほとんど抜かないのですが、「そ、そんなことできるかっ!」→「こ、ここが気持ちいいのか?」→「私の胸で感じてくれてる‥(はあと)」のコンボは股間がいきり立って大変でした。もちろんこれは、体験版の時点ですでに楓に萌えていたのが大きいので、誰が誰でもエロく感じるわけではないですけどね。

恋愛もそれなりにいい感じで進んでいくし、ストーリーも意外にスケールが小さいことを除けば悪くはない。これもしかして大当たり?と興奮してたら最後に落とし穴が。選択肢によっては別のルートがあるのかも知れませんが、私が迎えた楓と伽流羅の個別ENDは安易過ぎで、何のカタルシスもない。別に一本道になってもいいので、ハーレムルートと同じぐらい伏線消化して盛り上げてくれれば良かったんですけどね。まあハーレムルートはハーレムルートで、最後の最後に本作最大の罠が仕掛けられてますけど。画竜点睛を欠いているところが残念でなりません。

調教SLGという形態はとっていますが、ツンデレ主人公とツンデレヒロインが親密になる過程という意味合いが強いので、陵辱というよりは恋愛要素の強い「萌えエロ」ゲーです。体験版でヒロインが気に入れば、そのエロさに満足できるのではと思います。ただし、プレイ前に各ヒロインのサイドストーリーはDLしてプレイしておきましょう。なぜか本編では出てこないのですが、これを体験してるか否かで、キャラ萌え度が大きく違ってきます。それと、「オレは今はエロゲなんかやってるが、至ってノーマルな人間だ」と思ってる人は、ハーレムルートは最後に回すか、乱交が終わった時点で終了するのが吉。下手すると、このゲームの楽しみが8割方失われますので。

 

感想のTopページに戻る