×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

殻ノ少女
(暫定)

とりあえずTrueっぽいENDと、いくつかのBADENDをクリア。死人が多数でるためスッキリとしたハッピーエンドとはいきませんが、ハイレベルなCGとBGMにより醸し出される雰囲気は他では得がたいモノ。ストーリーもそれなりにまとめているので、体験版に惹かれたグロ耐性のある人にはオススメ。

メーカー

修正ファイル

発売日

プレイ時間

やってみて度

Innocent Grey
0.5MB
2008年7月4日
初回約8時間
A

メーカーの免責事項に沿って、製品の画像を掲載しています。

シナリオ

  • 長め。ミステリのため軸となるストーリーは一つで、途中の推理の成否によりTrueっぽい全て解明END、多少謎が残るEND、BADEND等に分岐。ヒロイン個別ルートというものは存在しないと思われる。
  • 登場人物、発生する事件ともにかなりの数に上り、それらが複雑に絡み合うストーリー。伏線の張り方が甘く、終盤の解決に唐突な部分もあるが、エロゲでここまでやってくれれば私には十分。
  •  バタバタと人が死ぬ。メーカーが発売前に死人予想企画を催すだけのことはある。ストーリー構成上、死を回避できないキャラも多く、Trueエンドでもやるせなさが残る。
  • 特に女性キャラは魅力的。エロゲではあまり見かけない落ち着いたキャラ(Wトウ子、紫、歩など)と、いかにもエロゲなキャラ(綴子、初音、ステラ他)のバランスが良く、どちらも萌える。であるがゆえに、死なれるとむっちゃキツイ。
  • まともな恋愛要素はほとんど無い。ゲーム内期間は1〜2ヶ月程度だし、基本的に殺人事件捜査中のため。主人公もヒロインもイイやつなのでもったいないが。
  • エロは全12で、私が見たのはメインの冬子3、イカレ女医の夏目2、生徒会長の織姫1、主人公の元カノ1で、全て和姦。アッサリ系だが、絵のよさもあり抜ける。
  • 主人公の妹の紫(ゆかり)にエロは無いらしい。義妹なら許し難いが、実妹ならむしろ当然。ファンディスクがでるなら、私イチオシの男性キャラ、八木沼とのエロ希望。ツンデレで小物の八木沼が惚れる方向で(笑)。 
  • 京極夏彦愛読者には、「魍魎の匣+絡新婦の理を原作にエロゲを作ったらこうなった」という説明で事足りる。しかしいくらなんでもラストの列車内シーンはやり過ぎ。

CG

  • イベントCGは差分を除いて約100枚。立ち絵もバラエティ豊かで、不足感はない。
  • 基本的にクオリティは高いが、文句を付けたくなるカットもちらほら。広角レンズで撮ったかのような歪んだ構図とか、冬子と織姫の区別が付かないとか、パカッとはずれそうな初音の髪型とか。 
  • 特典のイラスト集は、独特な紙質も手伝い、永久保存したくなる逸品。次はぜひB5判ぐらいの巨大さで。 

音楽/ボイス

  • BGMは26曲。私がプレイした中では、ピリオドと並ぶ業界最高クラス。鑑賞機能の充実が待たれる。
  • ボイスは主人公を除いてフルボイス。オーディションで選んだ新人もいたようだが、特に気にならず不満は無し。

システム

  • システムはADVのほか、探索・捜査・推理の計4つのパートで構成。ADVと推理はともかく、探索、捜査はそれぞれ問題あり。
  • 探索パートは、セーブ&ロードを駆使して全ての場所を探索する必要がある、徒労感あふれる作業パート。しかし、手詰まりにはならない分まだマシ。
  • 捜査パートに、修正ファイル必須レベルのトラップあり。殺人の現場をマウスクリックして証拠を探すパートだが、クリアに必要な証拠を取りこぼしていても、ある特定の別の証拠を見つけると、「こんなものだろう」と主人公が勝手に終了してしまう。すべての証拠が得られるまで終了させなくするか、終了の判断は常にプレイヤーにゆだねるようにする修正ファイルを早く出せ。

2ちゃんねるって素晴らしい

深夜に何度やっても3月19日のBADENDから抜け出せず、メーカーに対する怒りが爆発するとこでしたが、2ちゃんねる作品別スレのネタバレに配慮した攻略情報に救われました。同じ箇所で詰まってる人が大勢いて癒されもしましたし(笑)。捜査パートのシステム地雷を招いたメーカー担当者は猛省しろバカモノ。

「じゃあプレイするなよ」と返されそうで、実際つまらない作品なら中途でもさっさと処分してたと思いますが、今作はとにかく女性キャラがツボ。京極夏彦作品から飛び出してきたような聡明で透明感のある美しいキャラ達は、他のエロゲでは得がたいものです。ストーリーも先が気になる構成はなかなかで、もう攻略サイトを待ってられませんでした(笑)。京極作品のパクリだっていいじゃない! 中途半端にパクってしょぼいオチにガッカリの前作カルタグラより、ここまで堂々と丸パクリしてくれた方が、こちらも納得して楽しめます。ただ、せっかくマルチENDが可能なエロゲなのですから、小説を超える要素として、死んでしまう女性キャラ達の生存ENDは欲しかった。事件解決まで作るのは大変でしょうから、死亡回避→エッチしたのち「俺たちの捜査はこれからだ!END」のようなものでも。これが実装されていれば、より多くのエロゲーマーに支持されたのではと思います。

 

Topページに戻る