×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ピリオド(暫定)

とりあえずつづみ、小羽、朝姫の3人をクリア。体験版を含む共通パートの楽しさに比べ、個別ルートはパワーダウン気味ですが、ツンデレ幼なじみの朝姫は期待に応えてくれると思います。

メーカー

修正ファイル

発売日

プレイ時間

やってみて度

Littlewitch
-
2007年12月21日
初回約7時間
A

Littlewitchのピリオドという作品の画像を掲載しています。このサイト以外での使用、転載を堅く禁止します。

シナリオ

  • 長め。個別はそれほどでもないが、共通、半共通(2〜3人のヒロインで共有)パートが長く、加えてヒロインが8人もいるため。
  • 前半は学園ラブコメ。共通パートで多彩なヒロイン+脇役が入り乱れ、海水浴や肝だめしなどのイベントもあり、とても楽しい。
  • 後半はシリアスな個別ルート。つづみ、小羽はまあこんなもんかな〜というデキ。結構ファンタジーが入るも無難にまとめている。
  • 朝姫シナリオは別格。題材としてはありふれた恋愛ものだが、エロゲとしてはかなり手が込んでいる。幼なじみにここまで力を入れられては、攻略順に縛りがある(初回は不可らしい)のもやむなしか。
  • 小羽は人間国宝級の人の良さ。しかも嬉しくなると無意識に羽がピコピコ動くらしい。可愛い。
  • つづみは容姿は大人で中身は子供。一夏をかけて成長する様子を見守るうちにほっとけなくなる。
  • 朝姫はツンが多めの世話焼き幼なじみ。登場人物の真の想いが明かされぬまま二転三転する恋愛話に、君ははたしてついてこれるか。
  • エロは各ヒロインに1回ずつ。尺が長くそれなりにエロい。シチュエーションは通常の初体験を逸脱しているが(屋外とか)。
  • 潤也はいつでも同じようにバカで安心する。隠れMVP。

CG

  • イベントCGは差分を除き121枚。塗りや背景を含め独特のクオリティ。小羽が海辺で夕日をバックに羽を広げるCGは、もはや芸術(濡れた羽を乾かしてるだけだが)。
  • しかし病的なまでの貧乳&幼児体型度。つづみのラストシーンに、ブランド代表のこだわり、というより心の闇を垣間見ることができる。吹きました。
  • FFDの経験が活きているのか、細かい画面演出が光る。特にエロシーンで、突き上げてるように画面全体が動くのがいい。  

音楽/ボイス

  • 音楽は間違いなく業界最高レベル。加えて収録音質が非常に高い。  
  • 戯画「僕が一番ave;newをうまく使えるんだ!」
  • ボイスは主人公を除きフルボイス。皆さん役柄にぴったり。ただ、声に特徴がある声優に、ヒロインと脇役の二役をやらせないでほしい。

システム

  • デザインがお洒落で動作も滑らか。他メーカーとは次元の違いを感じさせる。
  • が、使い勝手への配慮は今ひとつ。マウスオーバーヘルプは親切なようで、そもそもヘルプを読む必要がないよう努力すべきだし、SYSTEM画面で右クリックしたらWindow消去とかアホかと。

学園モノが好きならロリ絵に抵抗がある人も

プリキュア5を見てて実感したんですが、ある女性を性的対象として見るかどうかは、乳のデカさではなくスタイルの良さ、具体的には「ウエストのくびれ」の有無で決まるんだなと。だから、たとえ中学生かつ洗濯板であっても、ウエストがシッカリくびれてる彼女らにハァハァするのは♂の本能からして当然だ、と私は思います。
 翻ってピリオドの面々。朝姫はわずかながらもくびれてたのでセーフ。長身な上、そもそも着衣Hしかないつづみも無問題。しかし小羽は、小羽はねえ…………、犯罪です(笑)。

というわけで、貧乳ばかりでも意外にイケるキャラがいるかも知れませんし、新たな属性に覚醒する可能性もあります。共通パートの学園ライフは楽しいこと請け合いなので(個別に入るとヒロインとほぼ一対一になるのは残念)、まずは体験版で確認を。

感想のTopページに戻る