×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ToHeart2 XRATED (暫定版)

 とりあえず、お姉さんヒロインのタマ姉をクリア。さすがに話題になるゲームだけのことはあります。ストーリーはダメダメですが、CGと合わせてこれだけ萌えるヒロインもなかなかいません。他のキャラもちょっと楽しみです。

メーカー

対応OS

修正ファイル

発売日

プレイ日

プレイ時間

やってみて度

LEAF

win98〜XP

-

2005年12月

2005年12月

約6時間

A

 

シナリオ

・序盤が丁寧で長くなるかと思ったら、後半スパートで結果的に短めか。
   ・タマ姉は素直になれないお姉さんキャラとして、実に萌える。終盤は理解不能な言動も多いが。
 ・恋愛ストーリーは、タマ姉自身も言及しているが、何かのギャグとしか思えない。
 ・エロい。1回だけだが、処女と童貞ではあり得ないところまでいく。

CG

・イベントCG枚数は多めか。質はいわずもがなの高さ。
  ・タマ姉は、立ち絵だけですでにエロい。
    ・幼女時代のタマ姉CGで、ごはん3杯はいける。

音楽/ボイス

・BGMは萌えゲーとして何の不満も無い。ノスタルジックなEDボーカル曲も、どっかで聴いたことがあるような曲だがGood。
  ・LEAFのゲームは昔から、音質がかなりいい。
  ・主人公以外フルボイス。こちらも現状で問題なし。

システム

・PS2版を元にしているためか、文字の大きさ等に違和感があるが、機能的に大きな不満は無い。
  ・文字が画面を覆うタイプのビジュアルノベルは、右クリックで文字消去をデフォにしてくれないと。ホイールクリックは面倒。

ヒロインに萌えられればストーリーなど飾りなのか

開始当初、このみ・委員長・UMAのポンコツ系ヒロイン3連発に頭を抱えましたが、さすがにパケ絵にでかでかと載ってるタマ姉、プライドが邪魔して素直になれないお姉さんヒロインとして、かなり萌えさせていただきました。ストーリーは、王道という苦しい言い回しをする気もおきないほど陳腐でしたけどね。しかし、私にとってのぎゃくたま2もそうでしたけど、ヒロインに萌えてしまえばストーリーの弱さはあまり気にならなくなる。萌えたもん勝ちです。エロもとってつけたような感じではなく、ごく普通のエロゲのように楽しめました。というか、これPS2版発売当時、みなさんよく耐えられたと思います。あんなエロい立ち絵CG見せられて本番無しでは、生殺しもいいとこだったんじゃないでしょうか。XRATEDがこれだけ売れるのも納得です。

ロリのこのみだけはどうしても攻略する気になれませんが、各キャラの導入部が丁寧でしたし、何よりCGが良いので、委員長やUMAもいけそうです。花梨なんて、体育用具室でそのまま押し倒せと思ったぐらい。帰省のためプレイは来年になってしまいますが、今年のラストを飾るにふさわしいゲームとなりました。

感想のTopページに戻る