×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

三極姫  乱世、天下三分の計
(暫定)

とりあえず蜀ルート(関羽エンド)クリア。かなり時間を食うゲームですが、SLG部およびシナリオとも、そこそこ楽しめました。ただ一部CGの質が低いのが残念。

メーカー

修正ファイル

発売日

プレイ時間

やってみて度

げーせん18
51.2MB
2010年12月17日
初回約30時間
A

シナリオ

  • 長さは並。蜀関連のシナリオは少なめだが、サブヒロインのエロシナリオが結構なボリュームに。
  • メインのストーリーは、ある程度史実に沿って進む。天意がどうのこうのと小難しいが、ノリで読める。
  • キャラはみな立っていて魅力的。女性キャラは武勇がある割にウブな娘が多いので、そのギャップに萌える。
  • 主人公はおっぱい星人。巨乳キャラが多いのでやむなしか。ADV部でもSLG部でも活躍する好男子。
  • エロは関羽が2回の他は、サブにそれぞれ1回ずつ。長さは結構ありそこそこエロい。陵辱はなく、処女が多いため初々しいHがほとんど。
  • ソフマップ特典の卑弥呼パッチを当てると、一部の主要イベント(水着イベントなど)が見られなくなる痛恨のバグあり。回避策はあるにはあるが、パッチを当てない方が無難。

音楽/ボイス

  • BGM鑑賞に登録されるのは21曲で、ボーカル曲はオープニングの1。質は問題無いが、プレイ時間が長いためいつも同じような曲がかかってる気がする。
  • ボイスは主人公を除いてフルボイス。一部無いところがあるのはバグか?声優さんの二役三役が多いが、特に問題なし。
  • 金田まひるの袁紹が好き。これで周瑜が女でかわしまりのなら良かったのだが(笑)。 

CG

  • イベントCGは差分を除いて120枚程度と多め。
  • しかしクオリティは玉石混交。公式HPのサンプルは良い例で、酷いヤツがエロシーンで出てくるとゲンナリしてとてもじゃないが抜けない。あれなら絵は無しでテキストと音声だけの方がまし。
  • 総じて、ノーマルイベントCGの質が高く、エロシーンが低い。張飛が月光を背にしてるCGなどはすごくいいんだが、エロシーンのデッサン崩れでがっかり。
  • 立ち絵は表情差分がそこそこあり、こちらは良好。が、それゆえに酷いイベントエロCGとのギャップに悩まされるはめに。

システム

  • SLG部は戦闘と内政に分かれる。戦闘は時間がかかるのが難点だが、独特のルールでコツを覚えればなかなか楽しい。
  • 時間のない人は自動戦闘にする手もあるが、戦力が拮抗してると負けたりするのでほどほどに。
  • 内政は存在意義がよく分からない。ただ、何もしなくても良いといえばよいので、面倒くさくないのは○。戦闘に時間がかかるだけに、内政はあの程度でちょうどいい。
  • ADV部のシステムは、欲しい機能はだいたいそろっている。ところどころでセーブできないのは面倒だが。
  • エロシーンだけでなく、それ以外のシーンも鑑賞できるのは、再プレイが面倒なSLGだけにありがたい。

体験版の戦闘が気に入った人なら

色々と言いたいことはあるんですけど、30時間ほどかけてクリアするぐらい、私は結構気に入っていたりします。メインのストーリーは割にシッカリしているし、サブイベントも女の子が可愛いのが多いですから。エロはCGが酷くて抜けるのは数えるほどでしたけどね!しかしなんといっても、戦闘システムのぬるい複雑さが私にはちょうど良く、楽しかった大きな要因だと思います。

ということで、体験版で戦闘システムが気に入り、かつ時間がとれる人なら、結構楽しめるのではと思います。あとは、細かいことは大目に見る度量も必要かと(笑)。この手のゲームはエロゲでは貴重なので、覚悟を決めて突撃するのも良いと思います。

 

感想のTopページに戻る