×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

らぶデス(暫定版)
realtime lovers

 とりあえず文緒(たぶん)→ちせ→委員長とクリア。3Dで滑らかに萌え動くヒロイン達は一見の価値あり。シナリオも終盤を除けば無難にラブコメしています。

メーカー

対応OS

修正ファイル

発売日

プレイ日

プレイ時間

やってみて度

TEATIME

win98〜XP

あり

2005年4月

2005年5月

初回約6時間

S

 

シナリオ

・前半ラブコメ、後半シリアス。共通パートは5割ぐらい?
 ・ファンタジー要素ありあり。冒頭のデモムービーで吹き出さないように。
 ・キャラ立ては良好で、序盤は結構笑えるし、何より萌える。
 ・後半のシリアス展開は難あり。登場人物の言動に共感しづらい。
 ・主人公は無難。アホになるのはHシーンの一部の体位や射精時のみ。
 ・委員長はその名のとおりの性格で好みだが、デレるのが早すぎる。早すぎるよ!!
 ・Hは各ヒロイン1〜2回。和姦のみ(たぶん)。シナリオうんぬんより、システムとボイスによりかなり抜ける。

CG

・立ち絵もイベントも、3Dキャラで動きまくる。
 ・一部の動きは強烈に萌えを誘う。真帆が部屋に空いた穴から主人公をうかがうシーンとか、凶悪。
 ・表情も豊か。質も非常に安定しており、くずれたカットなどはほとんど無い。
 ・後ろ向きのカットはいらないような。帯電しているかのように重力に逆らう髪型(真帆など)もちょっと。慣れるが。
 ・精液がホイップクリームにしか見えないのですが。

音楽/ボイス

・曲数は17曲。クオリティが高く、音質も良好。ただし、ギャグシーンでシリアスな曲を流すのが、今回のシナリオでは失敗。
 ・ボイスは女性キャラフルボイス。ロリ3姉妹の草柳、金田、北都がGood。その対比としての委員長、文緒さんも素晴らしい。

システム

・ADVとしては、選択肢でセーブができないのが痛恨。スキップが遅いのでなおさら。
 ・Hシーンは2〜3種の体位選択、2種のアクション選択、強弱選択、極めつけに視点移動自由自在。抜けます。
 ・推奨PCスペック高し。私の環境ではセクティービーチが20弱だったが、本編の動きに不満なし。

セクティービーチで動作確認後突撃で

メーカーHPのHシーン紹介で、主人公があまりにもバカなことをやっているためスルー予定だったのですが、本編シナリオはまともそうとの評価を知って購入。3Dのエロゲを買うのは初めてです。

とにかく、3Dで滑らかに動くヒロインたちに萌えました。私は普通なら、真帆やナナミやチセといったロリ系もしくはアホ系のキャラはサッパリなのですが、このゲームは序盤から萌えポーズで動きまくるロリキャラに萌えまくり。どのキャラから攻略するか非常に悩みました。ただ、2人目を攻略する頃にはその神通力も薄れ、結構どうでもよくなってました。で、もともと好みのタイプの委員長にいったところ、これまた激しく萌え。メーカーHPのキャラ紹介で気に入ったヒロインがいれば、まず問題なく萌えられると思われます。そしてHシーンの自由度も素晴らしい。事前にダウンロードしていたベンチマーク(セクティービーチ)である程度予想はしていましたが、この萌え原画を3Dエロゲに仕上げたメーカーの技術力は素直に賞賛したいと思います。

ボイス・BGMも良好で、シナリオも後半のファンタジー展開に多少の無理はあるものの及第点。かなりのオススメとしたいところですが、ネックは推奨スペックの高さとバグです。バグのほうは現状のパッチである程度収束しているようですので、まずはセクティービーチで動作確認し、いけると思ったら突撃ということで。ただ、動き萌えに飽きるのも早いかもしれませんけどね。自作PCの人は、これを機にビデオカードの差し替えを検討してもいいかも。私はRADEON9600SE(ファンレス)、Pen4 2.8C、1GBメモリ、Windows2000でOKでした。

感想のTopページに戻る