×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

D.C.U ダ・カーポ2

P.C.(暫定)

とりあえず追加ヒロインの委員長をクリア。萌え(ツンデレ)て泣けるシナリオにちょっとビックリ。無印購入組も、このルートのためだけに買ってもいいかも。

メーカー

修正ファイル

発売日

プレイ時間

やってみて度

CIRCUS
-
2008年12月26日
初回約5時間
S

シナリオ

  • 委員長シナリオは、ボリューム的にはもともとのヒロイン達と同程度。平均的な萌えゲよりも長め。
  • クリスマス祭やヒロインが母子家庭なのを上手く利用した、ツンデレ委員長との恋愛描写が非常に丁寧。たそがれ時に初めてデレた瞬間は思わずガッツポーズ。
  • 終盤は一気にシリアスに。委員長の抱える問題を、主人公が真摯にフォローして乗り越える。「茶番だなあ」と感じる雑な展開はほぼ無し。ロボの美夏の補完シナリオ的な意味合いもあるので、美夏好きはやっとかなあきまへん。
  • エロは2回。純愛系としては平均的か。処女だってフェラチオぐらいしますよね!

音楽/ボイス

  • ボーカル曲がOP、EDを含め都合4曲でお得感高し。BGMのクオリティもなかなか。
  • ボイスは主人公以外フルボイス。委員長の声優はシリアス演技がピカイチで、シナリオとベストマッチ。

CG

  • 追加のイベントCGは、シナリオが長いため少なく感じるものの、平均的な枚数。委員長分は顔の書き分けが不安定だがなかなか萌える。
  • 茜は攻略する気は無かったが、ムービーに使われたCGが良いので、これを見るためにいつかは攻略予定。
  • ヒロインの性格や季節を無視した、「俺が考えた最高にカッコイイ私服」的なデザインには閉口。

システム

  • おそらく無印版と全く同じADVシステム。機能は一通り揃っているようだが、オートモードにするためにシステム画面を開く必要があるなど、使い勝手の悪さはかなりのもの。
  • 既読判定スキップがあるのか無いのかよく分からない。あらすじモードというのが、既読スキップの替わりとなるのかも知れないが、だったらシステム画面かせめて説明書に書いといてくれ。 

学園恋愛モノ好き、ツンデレ好きなら突撃で

ツンデレが魅力の委員長が、個別ルート最初のシーンでいきなり主人公とキャッキャウフフ。あやうく心がボッキリと折れるところでしたが、見なかった事にして続けてみると、その後はラストまでツッコミどころはほとんど無し。ツンデレ萌え+感動の純愛系としては、相当のシナリオに仕上がっていたと思います。委員長の次はテンプレツンデレお嬢様のエリカを攻略予定でしたが、委員長で充分満足してしまったので、これで終了してしまうかも(笑)。無印未購入組はもちろん、プレイ済みの人にもオススメしたいです。

無印版では攻略可能ヒロインは6人でしたが、今回のP.C.では倍増。もともと学園ものとしての設定がシッカリしているため、クリスマス祭等のイベント追加が容易ですし、エリカのような新キャラを加えても違和感はありません。さらなる展開を予感・期待させるところは、さすがにダ・カーポシリーズです。あと2年ぐらいは余裕で戦えそうですね。

複数ライターのためかシナリオの質に差はありますが、私がクリアした中では、杏・美夏・委員長のツンデレ3連星、特に最後の委員長はオススメ。ほかに由夢やエリカもいますし、ツンデレ天国といっても過言ではありません(笑)。委員長シナリオをより楽しむ為の推奨クリア順は、杏→美夏→音姫→委員長。この中にお好みで他のキャラを挟むと良い感じです。

 

Topページに戻る